2006年03月22日

夢狩人 -カリブ編- 前編

はーい
どーりーむばすたーの
カリブ編は遠そうだったので
はじめはやるつもりは全くなかったのですが・・・

物欲に負けて
やることになりました。
・・・
まぁ 結果としては
結構楽しめたので
ヨシなんですけどね。

であネタバレokな人は続きをどうぞー。
マディラを出航して
数十日・・・
海の様子も変わり、
望遠鏡の彼方にうっすらと島影が見え始めた。

なんども訪れているとは言え
やはり目印のない航海はなかなか疲れる。
そしてようやく島が大きく見え、
サンファンの港に近づいてきたころだった。

290.JPG

どうやら海賊同士の抗争のとばっちりを受けてしまったようだ。
向かってきた相手はそんなにたいしたヤツラではなかった。
しかしびっくりしたなぁ。
大砲も威嚇用。
船員も必要最低限しか乗っておらず、
僕らもばきばきの戦闘態勢ではなかったから。
相手がもうすこし強かったり
2つの勢力が同時に襲ってきたらちょっとピンチだったかもしれない。

291.JPG

体制を整えるためにサンファンに入港すると、なにやら話し声が
どうやら先ほどの海賊の一派らしい。
なんでもサンドドミンゴまで抗争相手の海賊に封鎖される前に、
脱出したいらしいけど
うーんむ
こちらを攻撃してこなかったとは言え、海賊だし・・・
しかし海賊専門と言う話も聞くし、まぁいいっか
というわけで
その海賊っちを乗せてサンドドミンゴまで船を進めた。

292.JPG

そのまま海賊たちのアジトへと連れ込まれ・・・
煮て焼いて食われました
こともあろうに、ポルトガル上級士官である自分に、
抗争相手の海賊退治に協力せよと言ってきた。

・・・
・・
まぁ、カリブの利権がどうなろうと
ポルトガルにとっちやーどうでもいいことだしなぁ
お金一杯くれるって言うし
深く考えずに快諾。

そしてその日の夜

293.JPG

出やがった。。
例のアヤシイ二人組み。
ハゲとガキがいろいろと言ってくるが無視!
(変な賞金稼ぎなんぞには、なりたくないってもんだ)

キーキーと五月蝿いけど
まぁ 忠告程度にとどめておいたほーが
気が楽ってもんだしねw

翌日・・・

294.JPG

無事にサンファンを封鎖していた海賊どもを蹴散らすことに成功。
相手の海賊は随分と戦力を落としたらしかった・・・
これで相手にトドメをさすことが出来ると
だんでー海賊も喜んでた。

後半へ続く・・・

ps

結構長かった雰囲気のお話でしたが
結構内容は良かったと思います。
特に時間設定の使い方は良かったかなぁw
posted by ムササビ at 21:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。